評価損(格落ち)を認めないと言われた被害者の方へ

交通事故で車が損傷を受けると、車の市場価値が低下してしまう例が多いです。

そのようなとき、被害者の方は加害者に対して「評価損」の賠償を求めたいと考えるものですが、実際には保険会社に評価損を請求しても拒絶される例が多数です。

今回は、交通事故で評価損(格落ち損)を認めないと言われた場合の対処方法を、ご紹介します。

 

1.評価損とは

交通事故で車両が損害を受けると、修理しても完全には元通りにならないことが多いですし、「事故車」扱いとなるので、従前よりも車両の価値が低下してしまいます。

このように、交通事故によって車両の評価額が下がった分の損害を「評価損」あるいは「格落ち損」といいます。

評価損も交通事故によって発生した損害の1種ですから、加害者に対して賠償請求することができます。

ただ、加害者の保険会社に評価損を請求しても、必ずしも賠償に応じてもらえないので注意が必要です。特に示談交渉の段階では、多くの場合、保険会社は評価損の支払いを拒絶します。

 

2.評価損が認められるケース

しかし、裁判例では評価損を認めるものもたくさんあります。

たとえば東京地裁平成8年1月30日では、「損傷部分が修理によって元通りに回復した場合でも、事故後の車両の価格が事故前と比べて下がっている場合には、差額を損害として認める」という趣旨の判断をしています。

ただし、裁判でも必ず評価損が認められるわけではなく、認められやすいのは、輸入車や高級車の場合や、比較的登録年数が新しいケースです。

また、評価損として認められる金額は修理費用の10~50%の幅で認められることが多く、標準的には30%程度となります。

 

3.相手の保険会社から評価損を認めないと言われたら

加害者の保険会社と示談交渉をしているとき、相手から評価損の支払を拒絶されたなら、弁護士に相談をしてみて下さい。

ケースによっては「損害賠償請求訴訟」を行うことにより、評価損に関する適切な賠償金を支払わせることが可能となります。

交通事故で大切な車の価値が低下してしまったのであれば、泣き寝入りする必要はありません。評価損(格落ち損)を認めないと言われてお困りの際には、是非とも弁護士までご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー